東映の映画館でゴジラを観た昭和の思い出

ゴジラシリーズを初めて観た映画館はどこですか?

ゴジラ映画は、上映していた時代の風景と共に私たちの心の中に残っていきますよね。

ゴジラ映画の内容と共に、昭和の映画館の雰囲気を思い出すと郷愁を誘います。

私が子供時代にゴジラを観ていた映画館を思い出してみると、現在の新宿や渋谷のTOHOシネマズなんかは、正にSFのような別世界です。

あなたは、ゴジラを観た映画館にどんな思い出がありますか?

スポンサーリンク

塩釜東映の思い出

昭和の頃、宮城県塩釜市の「西塩釜駅」という小さな駅の近くに、塩釜東映という映画館がありました。

今にして思へば、その建物は、ほんとに「the 昭和」という感じで、私がゴジラ映画を観にいっていた時点で、かなり老朽化した建物でした。

その佇まいは、東北の小さな町にありながら、どことなく大正ロマンの浅草を思わせるピンク色の建物でした。(the 昭和じゃなかったのか!)

館内のロビーの上部の壁面には、鶴田浩二や高倉健、菅原文太など、東映の昭和の映画スターの色褪せた写真パネルが並べて飾られていました。

そのロビーの雰囲気は、どう見ても子供の来る所じゃないのです。

そんな古びた映画館が、春休み、夏休み、冬休みだけは、子供のための場所に変わるのです。

そう、東映まんがまつり東宝チャンピオンまつりの時期です。

なぜか、東映の劇場で東宝チャンピオンまつりを観た

『塩釜東映』は、東映の映画館なのに、春休み夏休み冬休みには東宝の怪獣映画も上映していました。

『東映まんがまつり』も東宝のアニメの『パンダコパンダ』もゴジラ映画もなぜか『塩釜東映』で観たと記憶しています。

もう記憶が薄れているのですが、「東映まんがまつり」にゴジラ映画がくっついていたわけではないはずです。

東映まんがまつりでは「マジンガーZ対デビルマン」とか、映画館用のアニメでした。

東宝チャンピオンまつりのほうのアニメは、前記の「パンダこパンダ」はありましたが、テレビアニメをただ映画館で放映するだけの「侍ジャイアンツ」や「アタック・ナンバー1など。もちろん目玉はゴジラを始めとする特撮映画です。

「東映まんがまつり」と「東宝チャンピオンまつり」が同じ映画館で観れたということは、このふたつの「まつり」は、開催時期がズレていたのかもしれません。ここらへんは、改めて調べてみたいところです。

地方の映画館は映画会社の縛りなどなかったのでしょうね。いい時代でした。

映画館の売店にはペヤングヌードル

学期終わりの終業式の朝に小学校の校門の前で映画の割引券が配られていて、それをもらって観に行きました。

マゼンタインクの一色刷りの割引券に写っている、ゴジラやキングギドラを見て、ワクワクしたものです。

この、町はずれの映画館、「塩釜東映」は自分には夢の場所でした。

館内が暗くなる前に流れる、水前寺清子の『365歩のマーチ』がこれから始まる映画の楽しさを盛り上げました。いつもこの曲が流れていた記憶があります。

売店にはペヤングヌードル。(最近のコンビニにはペヤングやきそばしか見かけないけれど、今もどこかで食べる事が出来るのでしょうか?)あのスープの味が忘れられません。

ペヤングヌードルは、粉末スープを入れるのではなく、麺に最初からスープの味がついているタイプのカップ麺です。

懐かしのジュース販売機

館内のジュースの自動販売機も現在とは全く違う構造です。

覚えていますか?

昭和40年代にあった自販機。

縦長の小窓から、ガチャッと瓶ジュースを引き抜くタイプのヤツです。

瓶ジュースの種類はファンタやミリンダetc。

湿っぽい館内の空気。

立ち上がると座面が上がって閉じてしまう座席。

ああノスタルジー。

この塩釜東映という映画館が存在しなかったら私はゴジラをはじめとする特撮の映画にそれほど興味を持たなかったかもしれません。

こんなブログもやっていなかったでしょう。

その時代、小学生だけで市街に行ってはいけないという学校の校則のようなものがあったのですが、そんなものは誰も守っていなくて、近所の子供達だけで隣町の、この映画館に行くのが楽しみのひとつでした。

ゴジラシリーズが一旦休止してからは、ブルースリー、松田優作、トラック野郎シリーズでお世話になりました。

関連記事
映画『トラック野郎』の一番星号が特撮で大ジャンプ!

名画座にもなる塩釜東映。84ゴジラのリバイバル上映

最後に訪れたのは85年頃だったろうか、復活『ゴジラ』が封切られて数年後『塩釜東映』がリバイバル上映をしていたのです。

客も少なく入れ替えもないので1日2・3回観ました。

数年後上京し、『塩釜東映』での思い出は、私の記憶の片隅に追いやられました。

関連記事
84ゴジラで気になった俳優(女優)さん

平成になり帰郷したおり、西塩釜を通りかかると最寄りの西塩釜駅は無人駅になり、『塩釜東映』のピンク色の古びた建物も無くなっていました。

タイムマシーンがあるなら、一度あの時代に行って『塩釜東映』でゴジラシリーズを観たいものです。できれば『三大怪獣 地球最大の決戦』あたりがいいかな。