決めポーズがかっこいい昭和ゴジラはどのタイプ?

昭和ゴジラのスーツアクターとして有名なのは、中島春雄さんです。

しかし、中島春雄さんが着ぐるみに入って演じている、それぞれのゴジラ、初代、逆襲ゴジ、キンゴジ、モスゴジ…etc。

不思議とそれぞれのゴジラの印象に残る決めポーズに違いがあるように感じます。

独断と偏見で、映画毎の昭和ゴジラのポーズについて考察したいと思います。

スポンサーリンク

初代ゴジラの決めポーズ

腕の形が、

「Yo! Yo! オレのナマエはYo!ゴジラだYo!」

って感じの手の構えに見えます。

ラッパーか!

また、別のカットでは、

「違うんだよ!そうじゃないんだよ!分かってくださいよ!」

ていうふうにも見えます。

これは、やや手のひらを上に向けている時です。

言い訳している、おじさん感があります。

逆襲ゴジの決めポーズ

逆襲ゴジのイメージは

「ゴジラ拳法か!」です。

なんとなくですが、アンギラスと間合いを測っている時、拳法みたいな、右腕と左腕が違う構えをしているのが印象に残っています。

それと、話がズレますが、この逆襲ゴジが機敏に走るシーンが、

ズボンがずり落ちながら走ってくるオッさんに見えました。

キンゴジの決めポーズ

キンゴジは、脇を開けて、ムキムキポーズ

プロレスラー豊登カポンカポンもやっていました!

キンゴジさんは、手をやけに前に出している印象です。

そして、爪は3つが揃っていて小指側?というか外側の指だけが他の3本の指から離れています。

この形が、

キンゴジさん、きっと、麻雀牌を積むの上手だろうなぁ。

もう、ビシッビシッと綺麗に牌を積み上げまっせ、あの手の形は!

と、思わせてくれます。

モスゴジの決めポーズ

ゴジラのポーズといえば、誰もがイメージするのが、実はモスゴジのポーズなんじゃないかと思います。

「ゴジラ」というよりも「怪獣」といえば、モスゴジのポーズと言ってもいいような気がします。

その、モスゴジの決まりポーズですが、2種類あります。

1つは、手のひらをを前に向けた、

「触るぞ〜」

てな感じのポーズ。

もう1つは、

モスゴジさんのエアバスケットボールのポーズ!

なんだか、バスケットのボール持って、パスをする前の格好に見えませんか?

関連記事
中島春雄さんが死去。昭和ゴジラ役者を偲ぶ

大戦争ゴジラの決めポーズ

大戦争ゴジさんでイメージする決まりポーズは、

野球の塁審が「セーフ!」とやりかけているようなポーズです。

大戦争ゴジさんが静岡の街を富士山をバックに歩く時、両手を広げている前進して行く姿が思い浮かびます。

ガレージキット創成期の、海洋堂の速水真司さんの作品「GSV(ゴジラスーツバリエーション)」シリーズの大戦争ゴジラも、こんなポーズでした。

恥ずかしながら、私が作った粘土造形の大戦争ゴジラも、このイメージで作りました。

関連記事
ゴジラのガレージキットの造型作家誕生なるか⁉︎

「セ〜〜フ」って感じです。

息子ゴジの決めポーズ

息子ゴジは、

オーケストラの指揮者の指揮の直前の格好

の、イメージです。

無理矢理やな。無理矢理です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東宝大怪獣シリーズ ゴジラの息子セット
価格:42800円(税込、送料無料) (2017/5/1時点)

総進撃ゴジの決めポーズ

総進撃ゴジは、モスゴジや大戦争ゴジと違って、首から肩へのラインが、正面から見て富士山のようになだらかではなく、首の部分は、「筒」を取り付けたような形です。

だからかどうか分かりませんが、総進撃ゴジは、ずいぶんと腕を上に上げることができます。

「ゴジラ対ヘドラ」なんかでは、やたらと腕を高く上げます。

もうこれは、恐竜の一種とは到底、考えられない動きです。

バンザーイ!バンザーイ!

ちなみに、総進撃ゴジは、スペシウム光線のポーズもしています。

メガロゴジの決めポーズ

ん〜、メガロゴジの決めポーズがイメージできない。

なんだか、いつも頭が斜めになってる?

あくまでイメージです。

関連記事
もし、第1作のゴジラの着ぐるみが、『メガロゴジ』だったら…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

X-PLUS エクスプラス 東宝大怪獣シリーズ ゴジラ 1975 少年リック限定版
価格:98800円(税込、送料無料) (2017/5/1時点)

手のディテールがちゃちくなっていく?

決まりポーズの印象を作っているのは、やっぱり「手」です。

昭和ゴジラの変遷を見ていくと、手のディテールが、だんだんと造形がイージーになっていっていると思わせられます。

初代ゴジラの手には、水掻きがありますよね。リアル感あり!

逆襲ゴジは急造で作った感ありでちょっと雑な造りです。

手がデカイのがキンゴジ!指の関節がゴツくてカッコいい!

モスゴジの手も素晴らしい!

中央の2本の指だけが立っているのがカッコいい。

キンゴジもモスゴジも、外側の指が離れているのが特徴的です。

想像ですが、あれは、着ぐるみの中に入っているスーツアクターさんの指が、ゴジラの外側の指には入っていないからなのかもしれません。(未確認)

私は、キンゴジとモスゴジの、外側の離れた指に凄く魅力を感じてしまうのです。

「怪獣大戦争」以降に造られた昭和ゴジラの着ぐるみの「手」は、なんだか小さくなっていきます。

造りがシンプルになっていくのが、ちょっと残念です。

息子ゴジなんかは、手袋をベースにして作ったんじゃないかと思うほど。

メガロゴジも手が丸っこくて、えらくカワイイおててなのです。

まあそんな、昭和のゴジラスーツですが、当時は、そんな造形の違いを確認していたわけでもなく、小学生として、メガロゴジも楽しく受け入れていたのです。

でも、メカゴジラの変身前の偽ゴジラは酷かった(爆)