四つ足怪獣バンザイ!!

四つ足の日本怪獣は、たまに膝で歩きます。いや、頻繁に、いや、いつも!! 

アンギラス、バラン、バラゴン、ガメラ、バルゴン etc…。 

実に味のある怪獣たちです。

スポンサーリンク

膝で歩いてもそこは受け入れましょう

自分的には彼らが膝で歩いても違和感はありません。(と言い聞かせる) 足がかなり開かれていて、足の爪が地面をとらえていれば、「こういう怪獣いてもおかしくないよな」となります。

これは怪獣造形の巧みとスーツアクターさんの努力の賜物ですよね。

『怪獣総進撃』の2代目アンギラスが足の裏が上向きで膝がそろいぎみのスチール写真があって、それを見ると、なぜか胸が痛いのです。

スーツアクターさんが四つ足怪獣に慣れていなかったか、ちょっと気を抜いた時に撮られたのでしょうか。

この2代目アンギラス、『怪獣総進撃』での私的名場面は、やっぱり自慢の膝走りでキングギドラに向かって突進していくシーンです。ちょっとユーモラスですが…。

関連記事
恐竜の進化。怪獣の進化?

初代アンギラスのかっこよさ

『ゴジラの逆襲』を久しぶりに観たのですが、初代アンギラスがカッコいい‼︎ 

そして膝を地面に着かずに頑張っています。

さすが初代四つ足怪獣‼︎ 

大阪城でのゴジラとの決闘の場面、後ろ向きのアンギラスが反転してゴジラを威嚇するシーンのカッコよさ‼︎ 

いかにも脳髄が体の数か所に分散している感じの俊敏さ。

思わず「いよっ!安擬羅屋‼︎」と掛け声を掛けたくなりました。

関連記事
アンギラスの鳴き声がかっこいい件

バランの後ろ足は写さない?

『大怪獣バラン』では、この四つ足怪獣の欠点を、なるべく写さないように撮影されました。

バラゴンはデザイン良すぎ!

バラゴンは、四つ足になったり、2足歩行になったり半々ですが、膝で歩いている場面もありました。

しかし、バラゴンの着ぐるみの出来が良すぎる?のか、まったく気になりません。

膝歩きというより、膝から下のふくらはぎを地面につけて歩いています。

脚の裏は、地面についていません。

それでも、そんなこと誰も気にしていないでしょう。

かっこよすぎますもん。

関連記事
フランケンシュタイン対地底怪獣のラストシーン話に私も参戦か!