アンギラスのテーマ曲は存在するのか?

東宝の有名な怪獣にはそれぞれのテーマ音楽と言っていいものがあったはずです。

そういえば、アンギラスにはテーマ曲や登場する時に決まってかかる音楽ってあったでしょうか?

スポンサーリンク

アンギラスのテーマ音楽はない

『ゴジラの逆襲』で、アンギラスが初登場した場面というと岩戸島です。

ゴジラといがみ合っている場面ですが、アンギラスにあてがわれた音楽というわけではありませんでした。

この岩戸島での格闘のバックに流れているのは、旋律のある音楽というよりは、効果音的な感じで流れていて、譜面に表すのが難しそうです。(プロの音楽家なので、そんなことはないとは思いますが)

そして、大阪に上陸した時も「アンギラスのテーマ」のような音楽はつけられていません。

『ゴジラの逆襲』は佐藤勝氏が音楽を担当しています。

そして、あの不思議な効果音のような音色は、テープの逆回しをして得られたモノだったのです。

佐藤勝さんは、伊福部昭さんとの違いを認識したうえで、チャレンジ精神で音楽を作っていたんですね。

テープの逆回しって、ビートルズはアルバム「リボルバー」で多用していましたが、それよりずっと前に、佐藤勝さんは使っていたのです。

私は佐藤勝さんのゴジラ映画の音楽は好きです。

『ゴジラの息子』
『南海の大決闘』
『ゴジラ対メカゴジラ』

など。

これがもし、伊福部昭氏が音楽を担当していたら、ゴジラとの区別を強調するような、アンギラス特有のテーマ音楽を、上陸の場面でつけていたかもしれませんね。

アンギラスが主役の歌

なんと!

そんな不遇のアンギラスが主役の歌があったのです。

その歌の名は、

「うちのアンギラス」

…(笑)

小唄のようなコミックソングのたぐいです。

タイトル
うちのアンギラス

作詞・作曲・編曲・実演家
佐伯 孝夫[作詞]
吉田 正[作曲]
小沢 直与志[編曲]

歌唱
野沢 一馬
青木 はるみ

演奏
ビクター・オーケストラ

製作者(レーベル)
ビクター

発売年月日
1955-06

『ゴジラの逆襲』が1955年4月24日公開ですから、この映画がヒットして、アンギラスという怪獣の名前が、ある程度、人々に広まってからのレコードの発売といった感じです。

歌詞の内容はというと、奥様をゴジラに、旦那をアンギラスにみたてたデュエットソングです。

気の強い奥様(ゴジラ)にタジタジの旦那(アンギラス)。けれど結局仲がいい。

そんな内容の歌詞です。

他には、

ロックバンド「爆風スランプ」の『よい』(1984年発売)というアルバムの中の曲で、

『東京アンギラス』

というのがあります。

『禁じられた遊び』がアンギラスのテーマ

なんと巷では、クラシックギターの名曲『禁じられた遊び』が、アンギラスのテーマとして定着しているのだそうです。

それはなぜかというと、ニコニコ動画で、「福袋の人」というかたの「ゆっくり実況」が発端です。

なお、怪獣解説においてアンギラスの解説の際、主の愛あふれる解説とBGMと映画での扱いの悲壮さのはまりっぷりから、禁じられた遊びは以降アンギラスのテーマとして主の一連の動画内で定着することとなる。
ニコニコ大百科(仮)「福袋の人」より引用

ゲームソフト「ゴジラ列島震撼」の実況動画で、アンギラスが登場する場面のBGMとして流されており、それが視聴者から好評を得たとのことです。

まとめ

アンギラスのテーマは映画ではない。

「うちのアンギラス」という小唄歌謡曲がある。

ニコ動のゲーム実況では「禁じられた遊び」がアンギラスのテーマととらえられている。

関連記事

アンギラスの鳴き声がかっこいい件

アンギラスのフィギュアってこれまでに何種類作られた?