キングコングさんの視察旅行 接待役はゴジラさん

『キングコング対ゴジラ』が本当にあった出来事だとしたら、キングコングが千葉東海岸に上陸してから熱海城からダイブして南方海上へ逃れるまで、何日間の出来事だったのだろう。

と思い、ちょいとネットで調べましたところ、もしかして一泊二日でお帰りだったのですか?

スポンサーリンク

キングコングは一泊二日の滞在?

上陸後、その足で那須高原でゴジラさんと会い、その日の夜にはゴジラさんが遠慮した100万ボルトの高圧線を噛みちぎり、その日のうちに後楽園遊園地と国会議事堂めぐりを終えて、夜明けには富士山麓に到着。

すったもんだで海へとさようなら。

ハードスケジュールでしたなぁ~。

本当はキングコングが日本に居る間に何を食べていたのだろうか?

という考察をしようと思っていたのですが、一泊二日なら何も食べなかったって事でしょうか。

ゴリラって、動物園でのイメージでは果物食いですが、実際には主に葉っぱ食いらしい。

ってことは上陸後、那須高原へ向かう道すがら、そこらへんの山に生えている木を引っこ抜いて、ムッサムッサと食っていたんのかもしれません。

ところで、キングコングは熱海からソロモン諸島まで泳いでお帰りになったのなら、まさにモンスターですなぁ!

でも大島、神津島あたりに立ち寄ったのでしょう。

途中でキングコングの起こす大波で、『若大将』(加山雄三)の『光進丸』も転覆!!『若大将』はシリーズ化されなかったかもしれません。

キングコングは途中、サイパン、グアムで観光してかえったのかなぁ~。

関連記事
帰っていくモスラを見送ったゴジラとラドンのその後