モスラの幼虫は、かわいいと言い切れるのか?

あなたはモスラが好きですか?…なんて質問は愚問でしたね。モスラ、かわいいもん。

ほんとか?ほんとにかわいいか?蛾だぞ!蛾の幼虫なんだぞ?忘れてないか?もう一度言うぞ!蛾なんだぞ!

スポンサーリンク

モスラの幼虫=かわいいはどこから?

モスラの幼虫がかわいいという感覚はどのあたりから定着したのでしょうか?

1961年公開の『モスラ』に登場するモスラの幼虫の印象は、それほどかわいくない。いや、全然可愛くないのであります。

すごくデカいのです。東京タワーから、どしーんと落ちるシーンを見るととてもかわいくはみえません。

かわいく見えるのは、ザ・ピーナッツ演じる小美人のほうでしょう。

関連記事
オオミズアオは次のモスラのデザインに影響を与えられるか?

モスラ対ゴジラの印象強よし

モスラの幼虫がかわいという印象を強めたのは、やはり、1964年『モスラ対ゴジラ』に登場した、双子のモスラからでしょう。

昆虫に、一卵性双生児っていうのは、たぶんないと思うのですが、そこは怪獣おとぎばなしの楽しいところです。

どこかお菓子パンっぽいデザイン

双子のモスラは、どこか、チョココロネを思わせる茶色の体色になりました。子供は、「モスラのパン」と言い出したり。

小ささがかわいく思わせる

むかし、小説版の『モスラ対ゴジラ』がありました。そこには、「未熟児のような幼虫」という表現がされていました。

実際は、モーターで動くタイプのモスラの幼虫はけっこうな大きさがあります。しかし、岩島の岩礁帯でゴジラと糸攻撃で戦うギニョール(マペット)のモスラは随分と小さくなります。

関連記事
ギニョールゴジラはマペットでもパペットでもない!名シーン回想

健気な戦いがかわいい?

ゴジラの尻尾に食らいついて振り回される幼虫モスラは、体がチギレかかっていました!

チギレても戦うモスラの幼虫に感情移入すれば、イモムシだってかわいく見えるのです。

かわいいのはザ・ピーナッツのほうじゃないのか?

双子のかわいいザ・ピーナッツと双子のモスラがイメージの中で重なって、知らぬ間にモスラの幼虫=可愛いと錯覚しちゃったか?

私たちはマインドコントロールされてしまったようです。

『三代怪獣地球最大の決戦』でもかわいさアピール?

『三代怪獣地球最大の決戦』でもモスラの幼虫はなぜかかわいく見えてしまうのです。

小美人のセリフで、「一匹死んじゃったのよ」といきなり物語の都合上一匹にさせられる。かなり無理矢理な感がありますが、そこで同情を誘ったかどうかは分かりません。

物語が進んでいけば、そんな都合など、どうでもよくなっているから不思議です。

三代怪獣のやり取りがかわいい

劇中で、ゴジラとラドンが、岩石をパンチとヘッディングで飛ばし合いしているのを、首を振って見ているシーンがなんとも愛らしい。

クライマックスでは、ラドンの背中に乗って、空から、キングギドラへの糸攻撃!

なぜ背中に乗る!

ラドンも足でモスラを掴み上げて飛び上がればいいのに、と後になって思ったりしたのですが、劇中では、

「モスラよ、俺の背中に乗れや!」みたいに、ラドンが語りかける?シーンがあります。

モスラの幼虫を背中に乗せてホバリングするのは、さすがに無理があるやろ!

でも、まあ、ラドンの頭の横から糸を履いているモスラは、なんだか愛嬌があってかわいいのです。

モスラの幼虫のオモチャはやっぱりかわいい

チョココロネに見えてしまうモスラのようちゅうは、やっぱりオモチャの素材として優秀です。

しかし、ガレージキットなどのリアルなフィギュアとしては、高いお金を出して購入する素材としては、なんだか物足りなく感じますよね。

飾りとしてモスラの幼虫をぽこっと置いても…。 添え物として、東京タワーがやっぱり必要でしょう。

モスラ対ゴジラ

新品価格
¥400から
(2018/1/27 00:04時点)

関連記事
ゴジラやモスラやウルトラマンのルアーが昔あった!

モスラの幼虫のオモチャ【楽天】